配偶者の裏切りは大丈夫?

配偶者が不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

しかしそのような場合でも、不倫をはじめるより前に、家庭内で別居している状態であったり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料をもとめる事が出来ません。

慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、何歳であるか、何年結婚しているかなどさまざまな事を考えて裁判所が決定します。

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚したならば、別れるべ聞か否か迷って決められないですよね。

沿うならないように、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないりゆうですから、当然の権利として慰謝料の支払いをもとめ、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚しなくても慰謝料をもとめる事ができますが、額は少なくなります。

さらに、不倫相手が浮気を認めない際は根拠が必要です。

第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。

浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で依頼したら損する事は無いかと言いますと場合によっては沿うでないこともあります。

成功報酬と言えば、一般的には調査が成功しなかった時、お金を払わなくても済むので頼んだ方が得をするようなイメージをもつかも知れません。

だから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、見つけている人もいるのです。

浮気の事実関係を委託調査する際には、支払う料金が低過ぎたり、 高料金に設定されている事務所ではなく、詳細なプランや金額が設定されており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵会社を選択するのが良いでしょう。

また、探偵業の許可を取得しているのか事前に調べておくべきです。

法外な調査をしているところには浮気調査の依頼を辞めておきましょう。

探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」です。

実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真の撮影にかかる費用などのことをさしますが、調査時のご飯にかかった代金がプラスされることもあるみたいです。

また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用が算出されます。

調査にかかる期間が短くて済めば費用も安くすむりゆうです。

浮気調査で肝要なのは、不倫相手の存在を明らかにする事です。

浮気しているか否かが不明瞭な場合は次の段階に進向ことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

不倫相手の存在が確かになれば浮気相手が誰か? を調査する段階となります。

パートナーの日々の行動を追跡したり、些細な痕跡も見逃さぬようイロイロな方法で、浮気相手の素性を確定させるのです。

 追跡グッズという探偵が使うものは 自分自身で買えるのかと言われたら買うことが出来るためす。

通常は、追跡グッズはGPS端末を使用する事が多いです。

でも、これは誰でもインターネットなどで購入が可能です。

車に載せるGPS端末は、車が盗難されたときに備えて搭載しておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。

どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、普通は3~4日が目安です。

確認しておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあるのです。

逆に、怪しい日が調査の前に分かっていれば、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

同じ電話番号の人から何度も取っていたり取り合っているとなるとその相手が浮気相手であるという可能性は濃厚であると考えられます。

その後、その電話番号のもち主を断定する事ができますね。

しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手と電話をしたあとに通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。

興信所 体験談 費用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です